■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■  コンと村おこし  第8話「プール授業」                 ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「コンねぇコンねぇ!」
 おお、レッドかの、朝から何用じゃ。
「コンねぇ、みてみて!」
「何事かの?」
 ふむ、見れば紺色のパンツかの?
 おお、スクール水着じゃの。
「レッド、今日は水泳かの」
「はいはーい!」
 わらわ、前から思うのじゃ。
 ここは山の中。
 立派な川も流れておる。
 なのに学校にはプールがあるのじゃ。
 なんでかの。
「ちょっとちょっと!」
「おお、みどり、何事かの?」
「似合ってるかしら!」
 スク水を体にあてて、クネクネしておる。
 こやつもプールが楽しみなようじゃのう。
「ほれ、はしゃぐのもよいが、忘れ物のないようにな」
「はーい」
 二人とも返事はよいが、ちと不安かのう。
「コンちゃん、準備はいい?」
 ポンの声じゃ……わらわ、配達に行く気はないのじゃ。
「お、ポン、何の準備かの」
「配達に行くんですよ」
「えー!」
「なにが『えー!』ですか……はい、バスケット」
「むむむ……今日は老人ホームかの」
「わたしが学校です」
「そっちの方が楽な気がするのじゃ」
「どっちも変わりませんよ!」
 ポンの手が伸びてきて、わらわの腕をつねるのじゃ。
「痛いではないか!」
「今日は配達だけじゃないんですよ!」
「?」
「聞いてないんですか?」
「うむ」
「今日はプール授業を一緒に受けるんです」
「はぁ?」
「本当に話、聞いてなかったんですね」
「本当に初耳なのじゃ」
「昨日、お店で村長さん話してたでしょ!」
「寝てた……」
「バカ」
 ポンにバカと言われるとムカつくのう。
「ともかく、今日はプール授業一緒に受けるんですよ!」
「ふむ……まぁ、たまには水遊びもよいかのう」
「コンちゃん、遊ぶ事しか考えていませんね」
「そう言うポンはどうするつもりじゃ?」
「えへへ……わたしは監視係がんばります」
「つまらなくないかの?」
「高いイスに座って、『コラー』とか言うんです」
「ちょっと楽しそうかのう」

 で、プールなのじゃ。
 今は女子更衣室なのじゃ。
「ちょっとちょっと!」
「おお、何じゃ、みどり」
「似合ってる?」
 さっきも言っておらんかったかの。
 今度はちゃんと着て、クルクル回っておる。
「どう? どう!」
「うむうむ、似合っておる、はしゃぐでない、転ぶぞ」
「わかってるわよー!」
 ツンツンして、行ってしまいおった。
 ポンもスク水で登場じゃ。
「みどり、プール楽しみだったみたいですね」
「まぁ、子供ゆえ、のう」
「ねぇねぇ、コンちゃん」
「なんじゃ、ポン」
「似合ってる? かわいい?」
「はぁ?」
「ねぇねぇ!」
 ポンがスク水でクルクル回っておる。
「わらわにどう言って欲しいのじゃ!」
「むー、わたしですね、どら焼き級なんですよ」
「自分で言うのう」
「しょうがないですよ、設定じゃ『中学生くらい』なんですから」
「それで……どうしたのじゃ」
「胸はナシめだけど……結構かわいいと思ってるんですよ」
「……」
「コンちゃん、どう思います」
 め、めんどうくさっ!
 こーゆー時は持ち上げておくに限るのじゃ。
「はいはい、かわいいカワイイ」
「棒読み〜」
「これ、チョップはよすのじゃ、すぐに手が出るから凶暴呼ばわりされるのじゃ」
「そっかなー……コンちゃん水着は?」
「……そんなのないのじゃ」
「忘れたの?」
「いや、わらわ、水着なぞ持っておらぬし」
「さっき水遊びって言ってたのに〜」
「まぁ、わらわ、別段水着なぞなくてもへっちゃらなのじゃ」
 そうなのじゃ、わらわは「術」で一発解決。
 指をパチンと鳴らせば、
「ほれ、水着なのじゃ」
「あー、いつものコスチュームチェンジ……」
 な、なんじゃ、ポンのヤツ、ジト目で見おる。
「ちょっとその水着はダメじゃないですか?」
「はぁ?」
「おへそが見えてますよっ!」
「ビキニを着ておるだけじゃ」
「布が……面積が少なくないですか?」
 お、ポン、手招きで千代を呼びおった。
「ねぇねぇ、千代ちゃん、どう思う、エッチじゃないですか?」
「うわ……コンちゃん、すごくきれい!」
「うむ、千代はわかっておるようじゃの」
「本当……雑誌のモデルさんみたい」
「ふふ、もっと言うのじゃ、綺麗とか美しいとか」
 ほめられるとうれしいのう。
 千代はよい子じゃ。
「千代ちゃん、よく見てください、これは女キツネですよ」
「でも綺麗だし」
「学校のプールはスク水だけなんですぅ!」
「でも、コンちゃん大人だし」
「千代ちゃん、どっちの味方なんですか」
「え……そんな話なの?」
 ポンはよくわからん事で言いがかりをつけるのう。
「これ、二人ともよすのじゃ」
 チャイムも鳴っておる。
「ほれ、授業じゃろう、早く行くのじゃ」
 わらわ、ポンと千代の手を引いてプールサイドに出るのじゃ。
 おお、子供ら、楽しそうに遊んでおる。
 子供は水遊びが好きじゃからの。
 わらわも大好きなのじゃ。
「……」
 およ?
 何事じゃ?
 静かになってしもうたぞ?
 みんなわらわを見ておる……かの?
 おお、一人ダッシュしておるのがおる。
 プールサイドで走ってはいかんのではないかの。
「ちょっとコンんちゃんコンちゃん!」
「おお、村長ではないかの」
「な、なんて水着なの……すごい綺麗」
「ほれ、もっと言うのじゃ、綺麗と言うのじゃ」
「じゃなくて……学校のプールでその水着はちょっと」
 すかさずポンが言うのじゃ。
「村長さんもそう思いますよね、淫らですよね!」
「ま、まぁ……でも、コンちゃん、すごい綺麗ね」
「村長さん、そんな事言ったらコンちゃんつけあがりますっ!」
「でも……ここまで綺麗だとちょっと……」
「わらわ、神ゆえ、綺麗なのは当たり前なのじゃ」
 ふふ、反撃するのじゃ。
「どこかの豆タヌキと一緒にされてはたまらんのじゃ」
「なんですってー!」
「ぺったん娘はスク水でちゃぷちゃぷしておれ」
「この女キツネっ!」
「その通りなのじゃ」
「けだものっ!」
「その通りなのじゃ」
「きーっ!」
 今度は髭教師の吉田が来おったぞ。
 めんどうくさそうな顔をして、頭を掻いておる。
「あー、パン屋の娘には子供の世話をしてもらいたいんだが……」
 髭教師、わらわを上から下、下から上へと舐めるように見てから、
「グラビアでよく見る格好だな〜」
「ふむ、モデルのようであろう」
「まぁ、コンちゃんは大人だしな〜」
 髭教師、頭をポリポリ掻きながら、
「別に色気はいらないから、スク水で頼むわ」
「むむ、髭男にはわらわの美貌がわからんかの?」
「ミコちゃんに言うよ」
 どこでその台詞を覚えたか知らんが……ミコに継げ口されてはたまらん!
「うむ、しかたない……では!」
 パチンと指を鳴らせば、あっという間にスク水なのじゃ。
illustration やまさきこうじ
「ほれ、これでよいかの」
「……」
 なんじゃ……
 言われた通りにスク水にしたのじゃ。
 それなのに……みなの視線がさらに熱い気がするのじゃ。
 どうしたというかの。
 ポンも村長も顔を赤らめておる。
 プールの男共もじゃ。
 しかし、髭教師だけはあきれておる。
『これ、髭教師、わらわの格好は変かの』
『おお! 何だ! 頭に声が!』
『わらわ、神ゆえ、テレパシーなのじゃ!』
『すご……』
『わらわの格好、変かの……言われた通りにしたのじゃ』
 髭教師、まだ笑っておる。
『コンちゃん、すぐに元に戻って』
『お、おお……』
『スク水でその胸はかえってエロ』
「〜!」
 きゅ、急に恥ずかしくなってしまったのじゃ。


kmy008 for web(kmc008.txt/htm)
kmy008a for web(kmy008a.jpg)
NCP5(2013)
illustration やまさきこうじ
HP:やまさきさん家のがらくた箱
(pixiv:http://www.pixiv.net/member.php?id=813781)

(C)2008,2013 KAS/SHK
(C)2013 やまさきこうじ