ポンと村おこし(15クールめ)
illustration やまさきこうじ
わたし、今度はコンビニ娘になるんです!
コンビニのお仕事、わたしにできるでしょうか?
でもでも、テレビで見たことあるから、ちょっと楽しみ!
優しい先輩だったらいいな。
わたし活躍できるかな?

第183話「ポンちゃん街に行く」
「ふむ、ポンもなにか必殺技でも編み出せばよかろう」
「!」
 コンちゃん、言ってから顔を背けます。
「何で目を反らすんですか」
「な、なんでもないのじゃ……いいから必殺技を考えるのじゃ」




第184話「コンビニ娘で〜す!」
「わたしとの結婚はどうなったんでしょ、あの告白はウソだったんですか?」
 配達人の頭上に裸電球点灯です。
 スッとわたしのしっぽを握って、
 ニコニコ顔で言いやがります。
「残念、俺、タヌキと結婚できない」




第185話「ヤンキー娘登場です」
 女の店員さん、わたしを見るなり、
「あ、ヘルプで来てくれた……私は奥藤華、藤華さんでお願いね」
「わたしの事はポンちゃんで」
「山のパン屋さん、空けてていいの?」
「パンを焼いているのは、わたしじゃないですから」




第186話「わたしはカラスが好きくない」
 配達人は、どことなく連れて行きたくないふうです。
「エッチな本を隠してますね、見られたくないんですね」
「ポンちゃん、あっちゃんと響ちゃん知ってるよね」
「裸の写メおくってきた娘ですよね」
「うん、あっちゃん達、面倒くさいよ」




【次回】「はわわ、常連さんたちです!」
「憲史先輩の家はどうだった?」
「あ、カラスがいました、しゃべるんですね、頭よさそう」
 しゃべるカラス、オウム返しじゃないんです。
 テレパシー投げたら返って来たくらいです。
「ああ、クーちゃんね、頭いいわよね」










(C)2008-2022 KAS/SHK